LADY UP UP

看護師として理想の転職をするための情報や看護知識に関して紹介!

看護師として理想の職場で仕事がしたい!誰もが一度は考えることだと思います。

 

 

しかし、理想の職場というのは一概に人気のある求人や好条件というだけでは、看護師としてどんな臨床現場でもいいというわけにはいかないでしょう。

 

 

自身がどういった職場を求めていて、どのような条件のもと看護師としてのキャリアを重ねていきたいのかということが最も重要ではないでしょうか。

 

そんなこれから転職を目指している看護師の方を応援し、理想の看護師としての仕事をしていく方法を紹介していきます。

 

看護師に多い転職時の悩みとは

看護師というのは、多忙な業務の中で様々なストレスにさいなまれているため、転職を考える方が多い職業の一つです。

 

看護師というのは、慢性的に看護師不足ですし、転職する職場というのは悩まされることは少ない職業です。

 

しかし、どんな職場でもいいから転職をしてしまうと、同じように不満を抱え込み転職を繰り返すことになってしまいます。

 

では看護師に多い転職時の悩みとはどういったものなのでしょうか。

 

自身がどういった職場がいいのかわからない。

今の看護師としての職場に不満を感じているが、どういった職場を求めているのかいまいち決めかねている看護師の方もいます。
これは、臨床経験の不足や自身の看護師としての展望が見えていないために多い悩みです。

 

 

まずは自身が今の職場でどういった不満や悩みを感じているのかきちんと列挙してまとめてみましょう。

 

 

その一つ一つを解決する方法が転職なのであれば、きちんと希望条件として明確になってくるはずです。

 

 

体力的な問題を悩んでいるのであれば、日勤帯のみの勤務先を探したい、看護師不足ではない職場を探したいなどの希望条件が見えてきます。

 

看護師求人サイトでの転職とは

看護師求人サイトというのは、コンサルタントによる好条件求人を直接紹介してもらいながら転職活動ができるサイトのことです。

 

 

看護師求人サイトに無料登録を済ますと、コンサルタントが直接あなたと連絡を取り、希望条件に沿った求人情報を紹介してくれます。

 

 

そのため、自身で積極的に求人を探さなくても、コンサルタントが多くの情報を提供してくれるため、その情報を吟味するだけで転職活動を進めることができます。

 

 

コンサルタントは、詳しい求人側の情報収集もあなたに代わって行ってくれるので、転職に必要な情報がきちんと集まらないといったことがないようにサポートしてくれます。

 

 

看護師求人サイトの中には、転職時にお祝い金をいただけるサイトもあるので、積極的に活用してみるといいですよ。

 

お金もアップアップ

子供が二人とも小学校にあがったため、日中に空いた時間ができたからと、嫁さんが今まで行っていたアルバイトとかけもちで別のバイトを始めることになりました。いわゆるダブルワークです。

 

 

今までは子供が日中にいる時間帯が長かったため、あまりバイトを行う事ができませんでしたが、今年度から2つのバイトをかけもちすることになりました。

 

 

今まで行っていた仕事では人が結構いるらしく、これ以上の時間を働くことができなかったため仕方なく2つのバイトをかけもちすることになってしまいました。

 

 

本当は慣れたところで働いていた方が良いのですが、こればかりはどうしようもありませんね。

 

 

嫁さんてきには別の仕事が経験できるからと結構楽しく行えているそうです。バイトのかけもちなんて、バイト先が結構嫌がりそうだと思っていましたが、バイトを探すときに検索条件でダブルワークOKと言う項目で探したところ、結構たくさんあったそうです。

 

 

 

バイト先自体がダブルワークを許可してくれているので安心ですよね。

 

 

 

中には他のバイトと掛け持ちをされることを嫌がるところもありますが、嫁さんが働いているところはどちらも兼用してもOKだそうです。

 

 

 

バイト両方で月に数万円にもなるので家計は大いに助かっています。私も今の仕事がもう少し残業がなければダブルワークしたいとこなのですが、今は嫁さん頼みになっています。

 

性病で受診

病院で働いている友人に恐ろしい事をききました。

 

友人は泌尿器科に勤務しているのですが、性病の人も結構も受診する様です。性病と言うと自分にはまったく関係ないと思っていたのですが、風俗へ行く人は性病にかかる可能性がとても高いそうです。

 

 

私は時々風俗に行くのですが、ちゃんと定期的に検査をしていると表記されている店を選んでいるのですが、友人曰くそんなものは全く参考にならないし、安全が確保されている訳がないとの事でした。

 

 

確かに検査をして問題なければ、その女の子は性病に感染していなことは間違いないのですが、その子が仕事をして性病に感染している人に接客をすれば、その人から菌をもらってしまうかもしれません。その後にお客として接客を受ければ、性病に感染してしまう可能性が高くなります。

 

 

 

つまり、ちゃんと検査をしていても毎日検査をしている訳ではないですし、性病によっては自覚症状がなかったり、発症までに期間が掛かるものもあるので確実に性病にかかっていないと確定しているの検査した直後だけらしいです。

 

 

 

性病にかかりたくなければ、まずは風増へ行かない事が大事で、風俗に行くなら性病にかかる危険性をしっかりと把握しておかなければいけないとのことでした。

 

 

そんな話を聞いてから、風俗へ行く気がなくなってしまいました。ちゃんと検査をしていると明記してあっても、それが嘘でまったく検査をさせていないなんて店もたくさんあるそうです。検査をするにはお金が掛かるので、店によってはその検査代をケチって定期的に検査をさせなかったり、検査をする期間を長くしているようなところもあるそうです。

 

 

 

今までずっと性病にかかってきませんでしたし、ちゃんと検査をしているという店しか選んでなかったので安心しきっていましたが、たまたま運が良かっただけなんですね。性病の種類によってはなかなか治らなかったり、放置しておくと重篤な症状になってしまう事も有るらしいので、もしも疑わしい症状が出たのであれば、ちゃんと受診しなければいけないそうです。

 

 

友人の病院にもかなり症状が進行してから来る人が多いそうです。これからも時々風俗にはいくでしょうが、その後自分に風俗と思われるような症状がでたら、速攻で受診する様にします。

 

 

性病検査の値段を知りたい方はコチラ